インターネトでホテル予約ができる時代


ホテルの予約といえば以前は旅行雑誌や旅行代理店のようなところでホテルの情報を仕入れて代理店で予約をするとか、直接ホテルに電話等で予約していました。今ではインターネットの普及とともに旅行代理店をはじめホテルもホームページから予約ができるようになってきました。さらに様々な企業が旅行サイトを立ち上げていて、同じホテルや同じ部屋でも宿泊代金が違うプランが出てくるようになってきました。

全部のサイトを自分で探して確認して比較することはとても大変な作業になりますが、その大変な作業を簡単にしてくれるサイトも出てきました。一つのところで様々な旅行会社の宿泊代金を比較できることは私たちにとって時間の無駄を省くことのできる優れたサービスです。

ただ実際に使ってみると、大都市圏や有名な観光地においては比較材料も多いようで、より価格の比較がしやすいように思いますが、出張などで地方に行くときにホテルを探そうと思うとなかなか情報量も少なくある程度同じような金額が出てくるので比較するまではいかないのも現実です。また、インターネットに不慣れな世代の方にとっては、今でも旅行代理店で予約する方も多くいます。特に地方になればなるほどその傾向は強く感じます。

ホテル予約のメリットは?

昔はホテルの予約というとホテルに直接電話するか、旅行代理店に足を運び予約するかの2種類が大半でした。しかし近年、インターネット社会に伴いホテルもインターネットから予約する人が急増しました。何故、インターネット予約が急激に増加したのでしょうか。それには予約をする側と販売する側双方にメリットがあるからです。

まず予約をする側のメリットですが、予約をするタイミングは自分の都合の良い時間でできます。また、電話と違いインターネットだと掲載されている写真や情報を目で見る事ができます。また、インターネットからの予約ではポイント還元を行っている会社も多く出張の多いサラリーマンなどはポイント目当てでインターネットから予約をするケースも多々あります。

一方販売する側でのメリットですが、インターネット予約にすると名前や電話番号の登録は予約する本人が入力しますので人件費の削減が可能であり、電話での予約でよく起こる日付間違いや名前の聞き間違いなども防ぐ事が可能です。

また、インターネットでの予約は今後もどんどん増加していくでしょう。その反面、昔は主流であった旅行代理店は何か打開策を打たない限り厳しい状況になるでしょう。

ホテル予約はいつもどうしていますか?

その地方に行ったことのある知人・友人におすすめを聞くのもいい方法です。実際、これは結構確実な方法なのですが、これから行きたい地域にすでに行ったことのある人が、回りにいないことはよくあります。そんなときに役立つのがホテル検索サイトです。

ネットでホテルを予約したことのない人は、いろいろ不安に思うかもしれません。「ネットで予約したらカードで支払うのでは?」「ネットでカード情報を使うのは怖い」という方もいるでしょう。しかし、大手のホテル検索サイトなら、まずそういった問題は考えられません。それにネットで予約しても、通常は当日の現金払いが普通にできますので、カード情報を渡す必要もないのです。

ホテル検索サイトでは、地域と料金で検索できるのはもちろんのこと、ランキングを参照したり、夜景のきれいなところ、露天風呂あり、貸し切り風呂ありなど、さまざまなオプションを用いて検索することができます。まだ、空き室情報が随時更新されるので、良さそうなところを予約しておいて、もっとよいところが見つかったら、前の予約を簡単に取り消すことができます。この際、予約日の直前でない限りは、キャンセル料は発生しません。みなさんもこれからはホテルをネット予約してみませんか?